ホーム > 水納島 > 水納島にビーチブレイクってあるの?

水納島にビーチブレイクってあるの?

日本各地でサーフィンの聖地と呼ばれるスポットはいろんなところにありますが、沖縄でもサーフィンが盛り上がってきています。昔と比べると、サーファー移住者も増えてきているほどです。各サーフィンポイントでは賑わってきています。

季節に合わせてサーフィンスポットが変わるのが沖縄の特徴です。夏場は東側、冬場は西側でサーフィンするのに向いているといわれています。南部は、1年を通して、良質な波ができるので、年中サーファーが集まるスポットです。水納島では難しいかもそれません。

夏場は、沖縄の至る所でサーフィンができるのも魅力ですよ。波質は全国でメジャーである「ビーチブレイク」ではなく、「リーフブレイク」です。どういう波質なの?と思っている方もいると思うので、ご紹介します。

ビーチブレイクとは?

海底が砂でできているサーフポイントのことで、「サンドバー」と呼ばれている地形によってできます。幅広い波が出来るのも特徴の一つです。沖縄のリーフブレイクより比較的安全なので、多くのサーファーに親しまれている波です。堤防付近には綺麗な波がたちやすいのですが、ブレイクするポイントを水納島でも探し出す必要があります。

リーフブレイクとは?

「リーフ」というのは、サンゴ礁を意味します。沖縄でのサーフィンはリーフブレイクです。沖縄はリーフ(サンゴ礁)という自然の防波堤に囲まれているので、サーフィンができる時間帯が限られています。リーフ(サンゴ礁)の地形によって波が立つからです。サンゴ礁は、ギザギザとした鋭い先端で硬いので、足を怪我することもあります。必ず、リーフブーツは必須なので、忘れないでくださいね。


水納島で遊ぶならアイランドクルーが超おすすめ!!