サンゴ礁ビーチ

ハイサイド沖縄では雨の日や風の日も沖縄の海が楽しめるの?

 

沖縄では、毎年5月のゴールデンウィークあたりから梅雨が始まることが多いです。

 

しかし、多少の雨や曇りならば青の洞窟まで行けます。むしろ、曇りの日や小雨の日に見られる、青の洞窟の濃いブルーも趣深いです。

 

風があまりにも強い日は、青の洞窟までボートが行けなくなるため、風に強い「サンゴ礁ビーチ」に変更されることがあります。

 

しかし、このサンゴ礁ビーチも魅力満載なので、十分楽しめます。例えばシュノーケリングコースを選ぶと、クマノミなどのお魚に餌やりができたり、美しいサンゴなどを間近に感じたりできますよ。

 

しかも、参加者が海で泳いでいる姿を、スタッフが専門のカメラで撮ってくれます。データももらえますし、ハイレベルな写真に驚くでしょう。

 

風で青の洞窟がサンゴ礁ビーチに変更になった人々からは、「あいにくの強風で青の洞窟までは行けませんでしたが、家族でゆっくりサンゴ礁ビーチを満喫できました!子供たちも安心して遊べたと大喜びでした」といった感想が聞かれます。

 

ちなみにハイサイド沖縄では、シュノーケリングなどのコースの予約をしておけば、ハイサイド沖縄の専用駐車場を確保してもらえるので、どんなに真栄田漁港付近が混雑しても、必ず駐車できるので安心ですよ!

 

沖縄 青の洞窟 ダイビング なら2019年もハイサイドにお任せ!